結婚式に席次表

結婚式では席次表を用意する

誰がどこに座るのか明示するための席次表

結婚式を挙げる際に招待するゲストは、同年代の友人や同僚もいれば、上司や先輩といった目上の人もいます。後輩や部下などもいるでしょう。

結婚式では、誰がどこに座るのか決められています。そういったゲストの人たちが、どこに座ればいいのか明示するために使われるのが席次表です。新郎新婦とゲストの人たちとの関係を考慮して、配置を決めます。

結婚式に招待する予定の人に対しては、あらかじめ招待状を送るでしょう。そして、出欠が確認できます。出席するゲストが決まってから席次表の作成に取りかかるのが一般的です。やむを得ず欠席で返信する人も出てくる可能性があるため、招待状を送る前後の段階で作ってしまわないように注意しましょう。

そして、ゲストの人たちに席次表を渡すのは当日の受付のときです。ゲストの人たちは、この席次表を受け取って初めて自分がどの席に座るのか分かります。ただ、新郎新婦との関係から上座に近い位置になるのか下座に近い位置になるのか、だいたい見当は付いているでしょう。

 

オシャレなデザインにしよう

席次表は、ゲストの人たちが座る座席の位置を示す役割を果たすものですが、それだけではなく、なるべくオシャレなデザインに彩りたいでしょう。結婚式という晴れ舞台で使用するものであり、ゲストの人たちみんなに配るものであるため、凝った作りにしたいと考える新郎新婦が多いです。

シンプルなデザインを好む場合でも、それなりにこだわりを示したいでしょう。インパクトがあって目立つデザインにしたいと考える人もいるかと思います。新郎新婦にとって、席次表のデザインを選んだり考えたりしているときは、とても幸せなひとときです。

また、席次表のデザインは招待状のデザインと同一のものや、色違いのものを選ぶカップルが多い傾向にあります。統一感があってスッキリとするでしょう。招待状を和風のデザインのものにしたのであれば、席次表も和風のデザインで彩るといいです。ウェディングアイテムの専門ショップでは、表紙に装飾などを施した席次表も取り扱っています。